道生 上古天真論 ※(1)虚邪賊風(きょじゃぞくふう)

※虚邪賊風 風 衝の後より来るは人を傷る者なり、これを虚邪賊風と謂ふ。月建 子に在りて,風 南より来たるがごときは,対衝の火 反って勝るなり。李中梓・注 

月建とは、陰暦の月ごとの方位、例えば陰暦11月は子(北)を指す。その時期に南から吹く風は、五行で言うと反勝である。つまり虚邪賊風とは、その季節とは正反対の方角から強い邪風が吹くことを言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です